動画配信比較ランキング-VOD大好き

hulu、dTV、Amazonプライムなど人気の動画配信サービスをランキング形式で比較!おすすめ動画もあわせてご紹介します

6/3テレビ放送『マイノリティ・リポート』レビュー!スピルバーグがフィリップ・K・ディックのSF短編を映画化!動画配信はどこ?- トム・クルーズ主演

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

トム・クルーズ×スティーヴン・スピルバーグで贈る近未来SF大作!

おすすめ度:

『マイノリティ・リポート』はフィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した近未来SF大作です。

2017年6月3日 テレビで放送されましたが、映画初公開より15年たった今みても古くなく、楽しめるSFサスペンスエンタテイメントでした!

スポンサーリンク

『マイノリティ・リポート』とは


スポンサーリンク

あらすじ

西暦2054年、ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を開発し、大きな成果をあげていた。それは、予知能力者を利用して凶悪犯罪が起こる前に犯人を逮捕してしまうというシステムであった。このシステムのお陰でワシントンDCの犯罪件数は激減、将来的にはアメリカ全土で採用されるべく準備が整えられていた。そんなある日、このシステムを管理する犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが“36時間後に見ず知らずの他人を殺害する”と予知され、告発されてしまう。追う立場が一転して追われる立場になったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走するのだが、彼は既に大きな陰謀に巻き込まれていたのだった……。

キャスト

ジョン・アンダートン…トム・クルーズ(堀内賢雄)
ダニー・ウィットワー…コリン・ファレル(楠 大典)
アガサ…サマンサ・モートン(根谷美智子)
ラマー・バージェス局長…マックス・フォン・シドー(大木民夫)
ララ・クラーク…キャサリン・モス(日野由利加)
エディ・ソロモン医師…ピーター・ストーメア(仲野 裕)

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スコット・フランク/ジョン・コーエン
製作:ボニー・カーティス/ジェラルド・R・モーレン/ヤン・デ・ボン/ウォルター・F・パークス
原作:フィリップ・K・ディック
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

原題:Minority Report
製作年:2002年

実際にみた感想

さすが巨匠スピルバーグ監督!
15年たった今でも古くない!十分楽しめる名作SF映画です! 

映画『マイノリティ・リポート』はフィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した近未来SF大作。

原作はひと癖もふた癖もある、SF作家のフィリップ・K・ディック。ディックの同名小説からは大まかな設定やモチーフだけを引用し、細かい設定やテーマは映画独自のもののようです。

⇒フィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』はこちら

目を見張る派手なアクションはありませんが、サスペンスストーリーは伏線も効いており、ハラハラドキドキ。
そして色を抑えた画面はとてもスタイリッシュ。このあたりはさすが巨匠スピルバーグですね。SF映画としても、サスペンス映画としても楽しめるエンターテインメントになっています。

「平和」や「正義」という大義のための、犠牲は正当なのか?
最後の犯人の選択には驚かされました。

2002年の映画公開から15年たった今でも、本作品の魅力は古くなっていません。

2017年現在にみると、未来表現の部分では予見的な作品にもみえます。
重犯罪をなくすべく監視が強化され、犯罪行為を実行する前に潜在犯として捕らえ処罰してしまう政策は、現在では防犯カメラの普及と犯罪行為をする前に検知するシステムやテロ防止法などと同じ働きをするものと言えます。(もちろん完全に予知、検知できるものではありませんが)

ストーリー的には少し気になる矛盾もあります。
『ジョン(トム・クルーズ)が殺人を犯す』という予知がなければ、ジョンは犯行現場には向かわず、殺人も犯さないはず。
つまり、予知した事自体がジョンの犯行を実現させたことになります。
けれど伏線やドキっとする演出が随所に散りばめられており、細かな点は気にせず楽しむことができます。

近未来的ガジェットや機能、車などに関しては、今見ると若干古く感じる部分や矛盾を感じる部分もありましたがそこはご愛敬。
プールや、ホテルの部屋など、近未来的な表現以外の部分は妙に古めかしく感じたりしてクスっと笑えます。
私はユーモアやファニーな印象を持ちましたがこのあたりは、好みでわかれるかと思います。(近未来的表現を絶賛しているレビューも多いようです)

派手なアクションの作品が目立つトム・クルーズには、少々地味な印象も受けますが『SF』『サスペンス』好きには楽しめる作品だと思います。

トムクルーズのちょっと地味な映画が観たいならこれもおススメ!
⇒『アウトロー』レビュー!地味だけど十分に好感が持てる作品!CGなし! スタントなし! のトムを見よ!

 

 

『マイノリティ・リポート』がみられる動画配信サービス

※動画ラインナップは毎月変わる可能性があるため、公式サイトで確認をしてみてください。

その他オススメ動画配信サービス

『マイノリティ・リポート』Blu-rayには必見の特典映像が!

映画『マイノリティ・リポート』のBlu-rayには特典映像がつきます。

<特典>
●スティーブン・スピルバーグの近未来予測※1
●犯罪予防局の裏側※2
●フィリップ・K・ディック(原作)とスティーブン・スピルバーグ(監督)と『マイノリティ・リポート』※2
●現実化された未来※2
●『マイノリティ・リポート』の小道具紹介※2
●ハイライト・シーンの舞台裏※2
●未来のCM※2
●プレビズ:ジェット・パック・シークエンス※2
●プレビズ:マグ=レブでの逃亡劇※2
●誕生:企画から映像へ
●解析:マイノリティ・リポ-トの世界
●スタント
●ILM:その特殊効果技術
●ファイナル・リポート:スティーブン・スピルバーグ & トム・クルーズ
●製作コンセプト
●ストーリーボード
●オリジナル予告編集
※1 ブルーレイディスクのみの収録特典<インタラクティブ>
※2 ブルーレイディスクのみの収録特典

⇒Amazonで『マイノリティ・リポート』をみる

スポンサーリンク




人気動画サービスNetflix(ネットフリックス)はこちらから!

↓ ↓ ↓

Netflix - Netflix, Inc.

TVで動画サービスを楽しむならAmazon Fire TVがオススメ!

Amazon Fire TVは、TVで動画サービスを楽しむならオススメです!

テレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめます!

『Fire TV Stick』と『Amazon Fire TV』の違いと特徴比較をした記事はこちら

↓ ↓ ↓

関連記事:『Fire TV Stick』と『Amazon Fire TV』の違いと特徴は?どちらがオススメ?

6本みたら1本無料で映画が観られるお得なカード『シネマイレージカード』

TOHOシネマズで映画観るなら絶対オススメ『シネマイレージカード』!
6本見れば1本無料!『シネマイレージカード』お得な特典はこちら



■年会費初年度無料! 2年目以降300円(税抜)※ただし、1年間で一度でもカード支払いすれば年会費無料!
■最短3営業日でカード発行!
■毎週火曜日、1,300円で映画鑑賞
■TOHOシネマズで映画を6本観たら、お好きな映画に1本無料でご招待する、スタンプラリーにご参加いただけます。
■映画を観て楽しんで、さらにマイレージが貯まる!!
 TOHOシネマズで上映される映画の上映時間を1分 = 1マイルでマイル換算。
■セゾンカードの特典が使える!
 全国の西友・リヴィン・サニーで毎月5日・20日「5%OFF」!

 

今ならハピタスで『シネマイレージカード』を申し込むと、1,000pt⇒2,400pt もらえます!
無料で映画を観られる上に、ポイントももらえてダブルでお得です!

詳しくはこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓


本当におススメの動画配信サービスはこれだ!

1位 dTV

★洋画

dTVでは映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万作品を配信!
あなたの"お気に入り"がきっと見つかる!

dTVはNTTドコモが運営する定額制の動画配信サービスです。元はdocomoの契約者のみへのサービスでしたが、キャリアフリーになって以降は誰でも利用できるようになりました。コンテンツ量の多さと月額500円の手軽さで人気、おススメともにNo.1のサービスです。

当サイト管理人も加入し、毎月何本も動画を楽しんでおります!!

観たい映画やドラマが豊富なのに月額500円という驚きの安さ!
初めての動画サービスならまずはdTVの検討をおススメします!

料金 月額:500円
動画本数 120,000本以上
無料期間 31日間の無料お試し期間あり

2位 Amazonプライム・ビデオ

Amazonの有料会員向け動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」

「プライム対象」に指定された動画が、Amazon有料会員(プライム会員)の年会費で見放題になるというお得なサービスです。

もともとプライム会員にはさまざまな特典があり、その特典の一つとなる。
年会費が3,900円(1ヶ月あたり約325円)という、非常にリーズナブルな料金設定も魅力の一つである。

ラインナップはまだ少なめですが人気のある作品が揃えられており、年々取り扱いタイトルも増えつつあります。

プライム会員の特典に一つでも興味があるなら加入して損はないサービスと言えます。

料金 年会費:3,900円(1ヶ月あたり約325円)
動画本数 約42,000本(Amazonプライム対象は約21,000本)※2017年4月現在
無料期間 30日間の無料お試し期間あり

3位 U-NEXT

U-NEXT

12万コンテンツで圧倒的ボリューム!劇場公開&放送から間もない最新作もイチ早く配信!

USENから分離独立した、株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービスです。

毎月2,000本以上更新、120,000本以上 の作品を用意している。他社と比較しても圧倒的なコンテンツ量を誇る。
最新作はより早く、名作はより多くをモットーに豊富なラインナップが魅力。
また、アダルトコンテンツ(その他カテゴリ)も見放題に含まれているのも魅力のひとつ。

映像に加え、電子書籍や音楽も楽しめるサービス内容で楽しませてくれる。

料金 月額:1,990円
動画本数 120,000本以上
アダルトコンテンツもあり
無料期間 31日間の無料お試し期間あり

   

 - 洋画, サスペンス, SF , , , ,