動画配信比較ランキング-VOD大好き

hulu、dTV、Amazonプライムなど人気の動画配信サービスをランキング形式で比較!おすすめ動画もあわせてご紹介します

『ナイトクローラー』レビュー!ジェイク・ギレンホールがサイコパスなパパラッチを熱演!動画配信はどこ?- ジェイク・ギレンホール主演

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

ジェイク・ギレンホールの常軌を逸した演技が冴える!
金と名声のため、徐々にエスカレートする異常性に目が離せない!

おすすめ度:

『ナイトクローラー』は視聴率至上主義のテレビ業界を舞台にしたサスペンス。主演はジェイク・ギレンホール。

仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、通り掛かった事故現場で、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマン“ナイトクローラー”の存在を知る。彼は早速ビデオカメラを手に入れ…。

第87回アカデミー賞®脚本賞ノミネート!

⇒Amazonで『ナイトクローラー』をみる

⇒セブンネットで『ナイトクローラー』をみる

スポンサーリンク

『ナイトクローラー』とは


スポンサーリンク

あらすじ

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルーは、ある日、事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマンたちの存在を知る。
さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、<ナイトクローラー>となり、夜のL.A.を這いまわる。
良心の呵責など1秒たりとも感じないルーの過激な映像は高く売れ、評価されるが、高視聴率を狙うテレビ局の要求はさらにエスカレートしていき、遂にルーは一線を越えるー。

 

出演: ジェイク・ギレンホール, レネ・ルッソ, リズ・アーメッド, ビル・パクストン
監督: ダン・ギルロイ

原題:Nightcrawler
製作年:2014年

実際にみた感想

ジェイク・ギレンホールが最高におぞましい!
スクープに憑りつかれ、越えてはいけない一線を越えてゆく!

映画『ナイトクローラー』は、視聴率至上主義のテレビ業界を舞台にしたサスペンス。

映画序盤から、ためらいもなく犯罪に手を染めるルー(ジェイク・ギレンホール)には、登場から違和感を覚える。
目的のためなら手段をいとわない主人公の危うさと異常性。

テレビ局に凄惨な映像を売るカメラマン“ナイトクローラー”にはジェイク・ギレンホールが怪演!
簡単に金が稼げそうだと知り、簡素な機材とバンを手に入れ、スクープを追う。

より過激で、より視聴者の関心を引くネタを求めるマスコミ。
自分の撮ったスキャンダラスな映像が世間に求められる快感に酔いしれ、徐々に行動をエスカレートさせる主人公。

主人公ルーの行動はどれもいき過ぎていて、観ていると心がザワザワし、違和感を感じる。
本作では常に『違和感』を意識させられる作りになっているようだ。
映像も音楽も緻密に計算されており、不安を煽る音楽が流れる。その逆に不穏な画面に対して安穏な音楽が流れるシーンもあり印象的。

デカくあてるためにはリスクをとれ』という彼の言動通り、
成功するためにはあらゆる努力をする。起業家としては優秀であり、優れた計画力と実行力を持っている。
倫理感や人格には非常に問題を持っているが、主人公の行動が成果につながるところは興味深い。

皮肉だがこの世の中の構造を象徴としているよう。

本作ではスクープ撮影に憑りつかれた主人公の異常性がとてもうまく表現されている。
ギョロっとした目で周囲を巻き込み、のし上がっていく様はサイコスリラーとしても楽しめる。

野心を抱えるローカル局のテレビ番組の監督役:ニーナを演じるのはレネ・ルッソ。
レネ・ルッソは、実生活では監督・脚本担当のダン・ギルロイの妻である。

サイコな主人公の要求はエスカレートする一方だが、ニーナはスクープほしさに自分の体まで差し出す。
美しい熟女がこのきわどい役に挑戦するのも、絶妙な悪趣味感が漂い、なんとも言えない味わいを醸し出している。
妻であり女優であるレネ・ルッソの本作での役どころや演出は絶妙!さすが旦那さんですね。

監督の妻である彼女の演技にも要注目です。

『ナイトクローラー』がみられる動画配信サービス

※動画ラインナップは毎月変わる可能性があるため、公式サイトで確認をしてみてください。

その他オススメ動画配信サービス

『ナイトクローラー』Blu-rayには必見の特典映像が!

映画『ナイトクローラー』のBlu-rayには特典映像がつきます。

【特典映像】
・メイキング(約5分)
・インタビュー:ジェイク・ギレンホール、監督(10分)予定
・コメンタリー(監督:ダン・ギルロイ、製作:トニー・ギルロイ、編集:ジョン・ギルロイ)

⇒Amazonで『ナイトクローラー』をみる

⇒セブンネットで『ナイトクローラー』をみる

スポンサーリンク




人気動画サービスNetflix(ネットフリックス)はこちらから!

↓ ↓ ↓

Netflix - Netflix, Inc.

TVで動画サービスを楽しむならAmazon Fire TVがオススメ!

Amazon Fire TVは、TVで動画サービスを楽しむならオススメです!

テレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめます!

『Fire TV Stick』と『Amazon Fire TV』の違いと特徴比較をした記事はこちら

↓ ↓ ↓

関連記事:『Fire TV Stick』と『Amazon Fire TV』の違いと特徴は?どちらがオススメ?

6本みたら1本無料で映画が観られるお得なカード『シネマイレージカード』

TOHOシネマズで映画観るなら絶対オススメ『シネマイレージカード』!
6本見れば1本無料!『シネマイレージカード』お得な特典はこちら



■年会費初年度無料! 2年目以降300円(税抜)※ただし、1年間で一度でもカード支払いすれば年会費無料!
■最短3営業日でカード発行!
■毎週火曜日、1,300円で映画鑑賞
■TOHOシネマズで映画を6本観たら、お好きな映画に1本無料でご招待する、スタンプラリーにご参加いただけます。
■映画を観て楽しんで、さらにマイレージが貯まる!!
 TOHOシネマズで上映される映画の上映時間を1分 = 1マイルでマイル換算。
■セゾンカードの特典が使える!
 全国の西友・リヴィン・サニーで毎月5日・20日「5%OFF」!

 

今ならハピタスで『シネマイレージカード』を申し込むと、1,000pt⇒2,400pt もらえます!
無料で映画を観られる上に、ポイントももらえてダブルでお得です!

詳しくはこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓


本当におススメの動画配信サービスはこれだ!

1位 dTV

★洋画

dTVでは映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万作品を配信!
あなたの"お気に入り"がきっと見つかる!

dTVはNTTドコモが運営する定額制の動画配信サービスです。元はdocomoの契約者のみへのサービスでしたが、キャリアフリーになって以降は誰でも利用できるようになりました。コンテンツ量の多さと月額500円の手軽さで人気、おススメともにNo.1のサービスです。

当サイト管理人も加入し、毎月何本も動画を楽しんでおります!!

観たい映画やドラマが豊富なのに月額500円という驚きの安さ!
初めての動画サービスならまずはdTVの検討をおススメします!

料金 月額:500円
動画本数 120,000本以上
無料期間 31日間の無料お試し期間あり

2位 Amazonプライム・ビデオ

Amazonの有料会員向け動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」

「プライム対象」に指定された動画が、Amazon有料会員(プライム会員)の年会費で見放題になるというお得なサービスです。

もともとプライム会員にはさまざまな特典があり、その特典の一つとなる。
年会費が3,900円(1ヶ月あたり約325円)という、非常にリーズナブルな料金設定も魅力の一つである。

ラインナップはまだ少なめですが人気のある作品が揃えられており、年々取り扱いタイトルも増えつつあります。

プライム会員の特典に一つでも興味があるなら加入して損はないサービスと言えます。

料金 年会費:3,900円(1ヶ月あたり約325円)
動画本数 約42,000本(Amazonプライム対象は約21,000本)※2017年4月現在
無料期間 30日間の無料お試し期間あり

3位 U-NEXT

U-NEXT

12万コンテンツで圧倒的ボリューム!劇場公開&放送から間もない最新作もイチ早く配信!

USENから分離独立した、株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービスです。

毎月2,000本以上更新、120,000本以上 の作品を用意している。他社と比較しても圧倒的なコンテンツ量を誇る。
最新作はより早く、名作はより多くをモットーに豊富なラインナップが魅力。
また、アダルトコンテンツ(その他カテゴリ)も見放題に含まれているのも魅力のひとつ。

映像に加え、電子書籍や音楽も楽しめるサービス内容で楽しませてくれる。

料金 月額:1,990円
動画本数 120,000本以上
アダルトコンテンツもあり
無料期間 31日間の無料お試し期間あり

      2017/09/04

 - 洋画, サスペンス , , , ,